HARG療法 取材【サーカス・マックス】 | 大宮中央クリニック

信頼と実績の中央クリニックグループ 大宮中央クリニック for MEN

forLadies
メール相談
カウンセリング予約

HARG治療・取材

HARG治療・取材

HARG療法・取材

薄毛治療の革命児
HARG療法を
君はって
いるか?


「あの頃の髪を取り戻したい」という夢と、「失った毛は戻らない」という現実の間をさまよいながら、あらゆる薄毛治療にトライしてきた男性たちよ。そろそろ旅の終着駅が見えてきたようだ。髪は死守する時代から“奪還する”時代へ
ついに“発毛率90パーセント以上”を実現した最先端の薄毛治療、『HARG療法』の全貌に迫る!


産毛は出てきても、“増えた感”が得られないというジレンマ
院長写真 「かつて薄毛はカツラや帽子で“隠すもの”でしたが、AGA(男性型脱毛症)のテレビコマーシャルなどの影響もあって、ここ数年で“薄毛を治療する”という意識が日本国内でだいぶ高まってきたように思います。
その代表格が、医学的に効果が認められた薄毛治療薬の使用。自宅で手軽に始められるため人気が出ていますが、実際に確かな手ごたえを得ている方は、全体の3~4割といったところではないでしょうか」そう語るのは、大宮中央クリニックの洪 鍾秀 (ホン・ジョンス)院長だ。

確かに育毛剤などで産毛が出てきたという話はときどき耳にするが、目に見えて髪が増えるわけではなく、あくまでも育毛の域を出なかったことは否めない。しかしここへ来て、ハッキリと発毛を謳う薄毛の治療法が現れた。しかも、「発毛率90パーセント以上」というとんでもない数字を引っ提げて。その名も『HARG療法』。それって一体何なんだ?他の治療とどう違うの?……。
はやる気持ちを抑えて、まずは前出の洪院長に、HARG療法の特性を解説してもらおう。


抜け毛予防でもないキーワードは「再生」
「はじめに誤解のないようにお伝えしておきますが、数字だけ見るとHARG療法の発毛率は、薬物療法を大きく上回ります。だったらこれらはHARGよりも劣るのかというと、決してそういうことではないんです。ただ、アプローチの仕方が違うんですね」そう切り出した洪院長。頭皮を畑髪を作物にたとえて、薄毛治療の代表的な薬剤であるプロペシア(内服薬)、ミノキシジル(外用薬)とHARG療法の違いを説明してくれた。
「まず、畑(頭皮)から作物(頭髪)を枯らす悪いものを取り除いて土壌を整え、抜け毛を防いでくれるのがプロペシア。一方、髪の毛という作物に水やりをして生育を促すのがミノキシジルです。いずれも今ある作物をいかに生かすかという発想ですね。ではHARG療法は何をするかというと、畑に新たな球根を植えつける感覚。つまり、よそから“髪のもと”を持ってきて、死滅しかけている毛母細胞をも蘇生させる治療なんです。だからほぼ確実に髪を増やすことができる。これがまさに、今世界的に注目されている『毛髪再生医療』です」


具体的にはどのような手法で治療を行うのだろうか。
「ヒトの脂肪幹細胞から抽出した成長因子に、各種ビタミンやアミノ酸成分などを混合した“HARGカクテル”を、髪を生やしたい部分の頭皮に注入していくというもので、これは全国に広がりつつあり、一部の医療機関のみで施術が認められている治療法です」

ここで素朴な質問。そもそもなぜ薄毛になるのか?
不規則な生活、ストレス、喫煙、遺伝、男性ホルモンの影響……。薄毛の原因要素はさまざまだが、最大の要因は“加齢”だと洪院長はいう。
「年齢を重ねて体力が落ちるように、20歳をすぎれば髪を作る細胞のパワーも衰えます。すると栄養をうまく取り込めなくなり、1本1本の毛がやせて全体がボリュームダウンする。いってみれば薄毛は誰にでも起こりうる加齢減少のひとつなんです」


自力での改善は可能なのだろうか。
「もちろん進行を抑えるために生活習慣を見直すことも大切ですが、それだけで元気な髪が生えてくるとは考えにくい。また、『俺は髪なんかに振り回されたくない』と割り切れる方は、自然の流れにまかせればいいんです。薄毛は病気ではないので、治す必要はありません。ただ『かつてのフサフサとした髪を取り戻したい』という明確な意志があるのなら、医療の力を借りるのが早い。そのために現在、もっとも有効な治療法はHARG療法ですよということは、はっきりと言えますね」

毛髪のプロによるカウンセリングで悩みや疑問もクリアに
HARG療法は、2006年ごろからヨーロッパや韓国で実績を得たのち、2008年ごろから日本国内で導入されはじめた、最先端の薄毛治療。それだけにトライするうえで、不安を感じる人もいることだろう。
ここ大宮中央クリニックでは、日本毛髪科学協会から認定を受けた、毛髪のプロフェッショナルである“毛髪診断士”が、ひとりひとりの髪の状態を見たうえで、抜け毛・発毛のメカニズムからHARG療法の流れや費用までを丁寧に説明してくれる。そして充分に納得したうえで治療スタート。施術はすべて院長が行うという徹底ぶりで患者の不安を取り除いてくれる。
すでに同クリニックでHARG療法を体験した人は、その発毛ぶりに一様に驚きの声をあげ、「これまで何をやってもダメだったのに……」と感激のあまり泣き出してしまう人もいたとか。「自分の髪を確実に増やしたい」その意思が固まっているのなら、もう悩んでいるヒマはない。まずは毛髪診断士による無料カウンセリングで、自分の“畑”(頭皮)の状態を知り、これまで夢みてきた元気な髪を取り戻す道へと突き進もう。


HARG療法について詳しくはこちら
 

HARG療法Q&A

治療時間やいたみについて教えてください
1回の治療時間は約10分程度です。頭皮に注射を刺す際にチクッとしたお痛みはありますが、非常に細い針を用いてクーリングをしながら行うので、痛みは最小限に抑えられます。洗髪は当日から可能。日常生活への影響がないのもHARG療法の特徴です。 現在はメドジェットによる施術が可能です。詳しくはこちら
どのくらいで毛が生えてきますか?
月に1度の施術×6回が1クールとなっています。個人差はありますが、3~4回目の施術で発毛を実感される方が多いようです。1クールを終えて発毛が安定したら、3ヶ月おき、半年おきなどご自身のペースでフォローをしていただく形になります。
何歳からでも始められますか?
HARG療法は老若男女どなたにでもお受けいただける治療です。(治療は20歳からとなります。)薄毛の初期の方が回復は早いですが、見た目がツルンとしていても、深部で細胞が休眠しているだけというケースもあるので、自己判断で発毛をあきらめずに、一度プロに相談してみてください。
治療費が気になりますが・・・。
施術の範囲にもよりますが、1回あたり10万円前後となります。決して安くはありませんが、さまざまな薄毛治療を経験した方などは、「これだけの結果が出るのなら決して高くない」とおっしゃいます。自らの髪を取り戻すことによる精神的な充足感も大きいようです。
手持ちの育毛剤を併用することはできますか?
はい、当クリニックでもプロペシア(男性)・パントガール(女性)やミノキシジルといった薬剤をHARG療法にプラスすることをおすすめしております。※数種類の育毛剤を同時に使用しないでください。発毛させて終わりではなく、「発毛」「抜け毛予防」「育毛」の三本柱でケアを続けた方が、より元気な髪が育ちやすくなるからです。

AGA治療・薄毛治療・HARG療法のページです。
AGA治療・薄毛治療・HARG療法なら大宮中央クリニックにおまかせ下さい。
確かな技術と多くの治療例を元に男性の院長と専門のカウンセラーが親身にサポートします。

   

トップへ