仮性包茎 | 大宮中央クリニック

信頼と実績の中央クリニックグループ 大宮中央クリニック for MEN

forLadies
メール相談
カウンセリング予約

仮性包茎

仮性包茎 包茎手術は責任を持って院長が施術致します。

仮性包茎イラスト仮性包茎とは

仮性包茎
一般的に多いタイプ。勃起時はむけるが、通常時は亀頭部に包皮が被る方。また、通常時は容易にむく事ができて、亀頭のカリの部分で包皮をひっかけて止めておける方等。 包皮が亀頭を覆うと、日常生活の中で汗や尿が 溜まりジメジメします、悪臭の原因や病気の温床を作り、包皮炎や亀頭炎になりやすく、雑菌ではなく ウイルス性のものや性病の菌であれば性病にかかりやすくなります。 また、包茎の方は包皮を完全に剥いた時、 亀頭からすぐ下の包皮は非常に薄い為、炎症や性病にかかりやすいのです。 性交渉時も余っている包皮が邪魔をし、自分自身が早漏になったり逆に不感症になる場合もあり、女性に対して 有効な刺激が与えられない事もあります。勿論見た目もよくありません。

仮性包茎によるデメリット

●カス(恥垢)が溜まりやすく、悪臭の原因になる ●性行為時のみ亀頭を露出すると、亀頭が敏感すぎて早漏になりやすい。
●ジメジメしやすく、雑菌が繁殖しやすい。(性病にかかりやすい)
●不衛生になりやすく、亀頭炎や包皮炎などを起こしやすい
●包皮炎を繰り返すことで、皮膚が硬くなり、カントン包茎・真性包茎に移行することがある
●ダブついた皮が邪魔して、遅漏になりやすい。
●コンプレックスが原因で女性に消極的になる。(勃起不全になる)
術後の注意事項
手術直後の状態 陰茎を包帯で固定します。手術後5日目に包帯をはがします。
抜 糸 14日前後に来院して抜糸。吸収糸は通院不要。
通 院 抜糸まで通院は不要ですが、1週間ごとの通院を推奨しております。
シャワー 手術翌日よりシャワー可(ただし、患部を濡らさないように)。 5日目より、患部を濡らしてシャワーが可能。 シャワー後に患部を消毒し、薬を塗っていただきます(抜糸あるいは術後2週間まで)。
お風呂につかる(入浴) 湯船につかるのは、抜糸翌日。または、20日目以降(吸収糸)
仕 事 手術当日より可能です。普通に仕事はできますが、当日はゆっくりと過ごしていただくことをおすすめしております。
スポーツ・重労働 ジョギングなど体の動きが大きいスポーツや重労働は1週間控えていただきます。
車の運転、自転車 自動車の制限はありません。自転車・バイクは手術後1週間は控えてください。
飲 酒 アルコールは、1週間控える。
性行為 1ヶ月は控える。

仮性包茎に関するページです。
包茎治療・包茎手術なら大宮中央クリニックにおまかせ下さい。
確かな技術と多くの治療例を元に男性の院長と専門のカウンセラーが親身にサポートします。

トップへ